一人暮らしの防犯対策の必要性

空き巣の中でも、女性や高齢者は狙われやすという結果が犯罪統計を見てみるととりわけ多いことがわかります。ご自身を守るため、怖い思いをする前に防犯対策をしっかりとしましょう!

住む前には必ず周辺をチェック!

犯罪の被害に合いやすいのが、実はマンションなどのお住まい近くなのをご存知でしたか?特に、夜道の一人歩きやマンションなどの入り口付近などには十分な警戒が必要になります。一人暮らしを始める前に、マンション周辺のチェックを行いましょう。

☑1階、2階は塀など使って侵入される恐れが多いので避けましょう。できるだけ3階以上の部屋を探すとよいでしょう。お部屋探しで見落としがちですが、侵入されやすい経路はないか、例えばクーラーの室外機や塀の高さなどチェックしておくことが大切です。

☑マンションの近くには交番やコンビニなど、逃げ込める場所はありますか?夜になると人通りを確認しておきましょう。

☑インターホンやオートロックなどの防犯設備が設置されているマンションがオススメです。特にカメラ付きインターホンは顔が見えるので、誰が来たかなど把握できて安心できます。

お部屋もしっかりと防犯対策を!

一人暮らしは留守にしている時間が多く、また通勤通学など行動パターンが読まれやすいため、空き巣や下着泥棒などに圧倒的に狙われやすいです。

◆特に女性は洗濯物を干すときは、男性用の下着と一緒に干すか、もしくはお部屋の中で干すなどの工夫をしましょう。

◆必ずドアや窓は鍵をかける習慣を付けましょう。お部屋に在室中の場合は、ドアチェーンもかけるようにしてください。ドアや窓に取り付けられる補助錠なども合わせて使用してください。

◆チャイムが鳴ってもすぐにドアを開けないようにしましょう。カメラ付きインターホンやドアスコープで確認してからドアを開けるようにしてください。

 

安全に暮らすためには、日頃より防犯について意識することが大切です。
弊社ではご相談いただいたお客様にとって最適な防犯対策をご提案いたします。