防犯カメラメンテナンス
が必要な理由

防犯カメラにもメンテナンスが必要だということをご存知ですか?
防犯カメラは24時間365日休みなく稼働しています。
稼働時間が長いということは、故障や不具合が起こる可能性も高くなるということです。
せっかく防犯カメラを設置したのにそのまま放置してしまい、いつの間にか使えなくなっていた…なんて声をよく耳にします。
きちんとメンテナンスしてあげることは、効果がちゃんと発揮されるということだけでなく、長い目で見たときのコストを抑えることにも繋がります。

放置するとこのような可能性が…

☑️故障して録画できなくなっている
☑️風雨にさらされて鮮明に映らなくなっている
☑️設置角度にずれが生じ、重要な部分が映らなくなっている etc…

メンテナンス時のチェックポイント

当たり前のことですが、いざという時に防犯カメラが故障していたら設置している意味がなくなってしまいます。
常時モニターで映像を確認できている場合は、万が一なにか不具合が出れば映像で確認できます。
しかし、街頭防犯カメラ等はモニターに映し出している訳ではないため、不具合が出ても分からないこと・気づかないことがほとんどです。

チェックポイント💡

☑️正常に作動しているか
☑️設置角度の確認
☑️視界の状態の確認 etc…

メンテナンス時には動作確認はもちろん、レンズ等の掃除も行い、その場所で効果的に設置されているかを確認していきます!

年に一回は防犯カメラのメンテナンスを!

近年怖いのが落雷です。
落雷は過電流を起こし基盤の故障の原因になることもあります。

その対策として弊社では録画装置保管ボックス内にブレーカーを設置しております。
そのため、運用側との取り決めにおいて最低でも年に1度はメンテナンス作業で確認する必要があります。
また、近年街頭防犯カメラは事件解決の糸口になる事も多くあるため、特に定期的なメンテナンスは必要になると考えます。

POINT!

☑️最低でも年に一度、防犯カメラのメンテナンスをしましょう!
☑️街頭防犯カメラ等のモニターに常時映し出さないものは特に注意!

福岡県で防犯カメラの保守・メンテナンスはSR防犯設備事務所へ!


いざという時にちゃんと効果が発揮できるよう、防犯カメラのメンテナンスを行いましょう!

お問い合わせはお電話とメールフォームにて受け付けております。
ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

📞092-923-0575 ✉️メールフォーム