泥棒の侵入経路として多い場所って?

家の防犯対策はドアを強化すればいい、と思っていませんか?
実は泥棒の侵入経路として一番多いのは「窓」なんです。

なぜ「窓」からの侵入が多いのでしょうか?

☑️ 窓からの侵入が容易なこと
☑️ 窓に対する防犯意識が低いこと
☑️ ベランダの窓はプライバシー保護のため、周囲から見えにくい構造であることが多いこと

これらのことが原因として考えられます。

こんな方は要注意⚠️

  • 共用廊下に面した窓は格子がついているから安心。
  • 小窓は足場がほとんどないし…
  • うちは高層階だから無理だろう。

そう思っている方、要注意です。

実は、格子は簡単に取り外すことが可能なケースがほとんどですし、侵入が難しいと思われる環境でも泥棒にとってはそうではないケースも多いのです。
高層階になるにつれ、窓が無施錠な家が多く、マンションだと一度に数戸に侵入できるため泥棒にとっては効率的なんだとか…。
「防犯意識が低い家」が泥棒のターゲットとなります。

「窓を割って侵入する」と聞くと時間がかかりそうだし、大きな音がして周囲の人が気づくのでは?と思う方も多いかと思います。
しかし、泥棒は大きな音を立てず、あっという間に侵入します。
ちょっとそこまで…と5分空けただけでも侵入されてしまいます。

日本の泥棒は事前の下見をしっかり行ってから犯行に及ぶケースがほとんどです。
その時にこの家は侵入が難しいな、面倒だな、と思わせることが重要となります。

今一度防犯対策を見直してみましょう!

  • 玄関周りを綺麗にしておく
  • 少し外に出るだけでもきちんと施錠する

という簡単なことから

  • 補助錠の設置
  • 防犯ガラス・防犯フィルムの設置
  • 防犯カメラ・センサーライトの設置

などの防犯設備の設置まで
自分の生活スタイルや環境に合う防犯対策を考えてみませんか?

弊社ではお客様の環境に適した防犯対策をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください!

弊社は20年以上の経験と実績のある防犯のプロです。
福岡県の防犯対策は弊社にお任せください!

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはお電話とメールフォームにて受け付けております。
ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ!

📞092-923-0575 ✉️メールフォーム